ゾイドオリジナル (ZOIDS ORIGINAL)

ストーリー

登場機体紹介登場人物紹介へ

型式名/コマンドウルフRGC
(Rail Gun Custom)

超高速の実態弾で大型ゾイドの装甲をも撃ち抜く、驚異的な威力を持つレールガンを装備する改造型コマンドウルフ。
可変式ヘッドスコープや正面特殊二重装甲、スパイクアンカー等に加え、レールガンに大電力を供給できるハイパーキャパシターやエレクトリックトランスミッションユニット等も装備され、肩の部分に姿勢制御装置を内蔵するなど、機体自体もレールガンの精密射撃に適した改造が成されている。
ジェノリッター討伐作戦においてはレールガンの貫通力を増すために通常使用時の2.4倍の電力を流す選択をしたため、レールと弾丸との接点の蒸発が原因で各機1発のみの使用に限られた。

呼称/ドラゴンヘッド
型式名/コマンドウルフMZ(後期型)

近接と遠距離共に強力な戦闘力を持つコマンドウルフ上位機。カラーリングは緑を基本色に、オレンジ色のコックピットに赤色のスコープヘッドアーマーを装着している。
そのアーマーを着けた特徴的な頭部の形状から“ドラゴンヘッド”と呼ばれる。
主要武器はエレクトロンバイトファングとロングレンジライフル。
中央大陸戦争時までのものと違い、連邦軍のコマンドウルフインターセプターをベースに装備等が変更されている後期型である。

登場人物紹介登場機体紹介へ

名前/マスター・ザッパ(Master Zappa)

高速戦闘や隠密行動に長けたゾイドと優秀なゾイドパイロットで編成された 共和国軍の精鋭部隊、トラップ遊撃隊の元隊長。冷静沈着な判断力と統率力を併せ持ち、部下から厚い信頼を得ているベテランパイロット。
愛機のコマンドウルフに乗り、様々な戦いを経験した歴戦の勇者。
終戦後は、パイロット養成のために連邦軍兵学校の教官を務める。

名前/テッド・スペクター(Tedd Spector)

天才肌で、一度思いついたら突っ走ってしまう性格のため、兵学校の教官から問題児のレッテルを貼られていたが、ザッパによって卓越した動態視力を見いだされ、試作段階のレールガンを積んだコマンドウルフRGCのパイロットに抜擢される。黒髪の短髪で、口は悪いが無邪気な一面もある。
ジェノリッターが尊敬する父ウォールの仇であると知り、自らの手で討つことを誓う。

名前/ブライ・イーノ(Bligh Eno)

優れたパイロット技術を持ちながらも協力することを嫌い、単独での任務を好む。スペクターとは喧嘩仲間であり、演習では常に撃墜数を競う。
スペクターとパークスよりも年上で、ボサボサの長髪に無精ヒゲがトレードマーク。ワイルドで男臭く、革のジャケットを着用している。

名前/ダイアン・パークス(Diane Parks)

冷静な判断力を持つ女性パイロット。争いに負けても気にせず、冷めた性格をしているが、緊急事態には熱くなる。合理的な性格で、メガネをかけ、理知的で端麗な容姿をしている。
このエントリーをはてなブックマークに追加